健活お姉さんの奮闘記

~ 本当の健康とは何か、論より証拠を実証する筆者の実話 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



理想のダイエットを実現してから学んでいったこと

前回のブログの続きになりますが、リバウンドをしない理想のダイエットに苦労する事なく成功した私は本当の健康も手に入れる事が出来ました。(体感した事も次回のブログで書いていきます)

ダイエットをする前の私の食生活は、朝はパンとコーヒーで昼と夜もカロリーを意識する事なく際限なく食べていました。

当時の私はパンが大好きでしたので間食を含め、とにかく大量の炭水化物を摂取していた事になります。

おなかが空くから食べるのが普通だと思っていた食習慣が一番恐ろしかったのです。

健康面で言うと満腹中枢がうまく機能していない状態ですね。

ダイエットの最大の敵である食欲のコントロール、これを意識する事なく自然に出来れば運動等を除いて、「苦労する事の大半」が無くなります。

前回のブログで少し紹介した「スプーン1杯から始まる幸せ運動」との出合いが無ければ食欲のコントロールはおろか、運動等でも苦労していたはず(おかげで私は特に運動もしていません)で、ダイエットの成功どころではなかったと思います。

これによって私の体に取り込まれた栄養素やアミノ酸等の一覧を書きましたが、核心とも言える成功した理由をお伝えします。



前回のブログでも少し述べていますが、体を構成する全てをキチンと機能させるには「各種アミノ酸や栄養素等が1つでも欠ける事なく必要量を摂取する事」が必要です。


市販で売られているようなマルチビタミンやミネラル、他の栄養ドリンクや栄養剤でも一部を取り込めても「トータル的にパーフェクトな補助食品」は見当たりません。

また仮にあったとしても、またはそれぞれをかき集めるように口にしていくとなれば、毎日の事なので経済的にかなりの負担となります。

ましてや食事で全てを毎日摂り続ける事は、ほぼ不可能に近いです。

昔の私のように、ほとんどの現代人は偏食型の栄養失調だと思います。

体は本来、太りすぎたり痩せすぎたりしないように調整する機能があり、絶妙なバランスで健康を維持するように出来ています。

私の場合は、この本当の健康を取り戻した事によってダイエットに成功したのです。

逆にいうと、本当の健康ではない為に肥満であったと思います。食習慣も自然と変わりました。

無理してまで大好きなパンを食べなくてもよい脳になったと言えます。

そして、私の健活で多くの方からダイエットのみならず、他の様々な悩みが改善されたという報告が後を絶ちません。

法律上で例えば花粉症や貧血や生理痛等の何かが治ったとか、毛が生えたとかを表現してはいけないと思いますが実話に基づく本人や、またその周りの人達からの嬉しいレポートがたくさんあるのは事実です。

それでは、また時間が出来たらブログを更新していきます。


スポンサーサイト

「スプーン1杯から始まる幸せ運動法」

先日のブログの通り、私が特に運動をしたり食事制限を意識したり他にダイエットにまつわるストレスを感じる事もなく、皮膚もたるまず綺麗にサイズダウンしていき体重も落ちた理由は何だったのか・・・(もちろんリバウンドもありません)。

周囲の誰から見ても一目瞭然な結果を出した事に対して、一番驚いたのは私自身でした。

私のダイエット効果は正に「論より証拠」ですが、その結果を出す為には「やはりちゃんとした理屈に沿わないと」いけません。

この理由が気になった事から、眠っていた私の知識欲が刺激されて、いろんな勉強を始めました。いろんなところへ足を運び、気づいたら資格まで取っていました。

きちんとした理論や知識の1つ1つは、またこれから時間がある時にブログで可能な限り書き綴っていきます。

今回は、私が結果を出した理由をまとめておきます。

詳細はこれからお伝えする「スプーン1杯から始まる幸せ運動法」を実践した事成功した理由の90%以上を占めています。

他の理由10%は、食事の時に例えば炭水化物を取りすぎないように気をつける等の「日常生活で多少気をつける程度の行動」をしていたくらいですので、これは私に限らずほとんどの方も意識をされている事だと思います。

これらを実践した事によって、私の体にトータルな栄養素が毎日十分に取り入れられて、そしてきちんとした理論に基づいて結果を出す為の条件を揃えた状態にしていました。

そして、勉強していくうちに「結果を出す為の条件」が全て揃って始めて効果が表れるものだったのだと知りました。

逆に言うとココが非常に重要な部分で、この条件を満たすには「毎日体に取り込むトータルな栄養素が1つでも欠けてしまうと思ったほどの効果が出せない」事なのです。

ちなみに、その「スプーン1杯あたり」で得られる栄養素の種類と数値は以下となります。

たんぱく質は、
アルギニン186mg
リジン 421mg
ヒスチジン 162mg
フェニルアラニン 281mg
チロシン 254mg
ロイシン17. 488mg
イソロイシン 261mg
メチオニン 138mg
バリン 335mg
アラニン 164mg
グリシン 102mg
ブロリン 557mg
グルタミン・グルタミン酸 1170mg
セリン 295mg
スレオニン 223mg
アスパラギン・アスパラギン酸 392mg
トリプトファン 64mg
シスチン 25mg
たんぱく質以外では
脂質 0.11g
炭水化物 3.7g
ナトリウム 57.5mg
カルシウム 186mg
鉄 2.25mg
クロム 6.7μg
セレン 9.5μg
ナイアシン 4.11mg
パントテン酸 1.44mg
ピオチン 10.1μg
ビタミンA 76μg
ビタミンB1 0.265μg
ビタミンB2 0.325μg
ビタミンB6 0.2μg
ビタミンB12 0.78μg
ビタミンC 49mg
ビタミンE 0.98μg
ビタミンK 13.6μg
葉酸 38μg

■単位
1g=1000mg
1mg=1000μg(マイクログラム)

私の最初の頃は1日あたりスプーン10杯相当でしたので、上記を10倍した数値の摂取量でした。

それを毎日、特に就寝前は多めに私の体に取り入れていました。

あと他にダイエットだけではない様々な体感が早いのも特徴です(体感に個人差はあると思います)

上記に重要と書きましたがこれらの栄養素の種類が1つでも欠けてしまうと思うような効果が得られないと言っても過言ではありません

私が皆さんのお悩みにお応えしていくときは、誰でも簡単に取れる方法をお伝えしています

そして、この運動を通して一人でも多くの方にお伝えし結果を出して、喜びを分かち合う事が今の私の生きがいです。


それでは、また時間がある時に可能な限りブログを更新していきますね。


私の「ピンピンコロリ」がイイという価値観から始まりました

肺ガンで入院した私の父は最期の1週間で、病院へ見舞いにきてくれた父の周りの全ての人に挨拶をして、
お礼を言ってからこの世を去りました。

その父の姿を見て私も最期の時が来る直前まで元気でピンピンと活動をして、父と同じように1週間程で周りの人にお礼をし、コロリと見事にあっさりとした最期の時を迎えたいと思うようになりました。

略して「ピンピンコロリ」が私の生き方の価値観で、今の活動の原点になっています。

ところが、そんな私が50歳を迎える前に体に変調をきたしていました。

常に意識している「ピンピンコロリ」から一転した、闘病生活を送る手前であったと思います。
(今振り返って思うと、改めてはっきりとそう認識できます。)

元々は健康優良児で、若い頃も多少の疲れは1晩ぐっすり眠ると回復していた私だったので、自分では常に「元気」のつもりでした

でも体は正直で、例えば夕食の後の片付けもすぐに出来ない状態で息切れも多く、常に休憩を取りながらやっと片づけるような感じでした。

主な原因は子育てを終えた後の私の食生活が、かなり適当になった事でした。

今から5年前くらいの写真(映りが悪くてすみません)


3ヶ月後
new_shopmaster.jpg

ダイエットを成功させた友人からの話がきっかけで私は痩せたのですが、私が皆さんにお伝えしたいのは「本当の健康」になればダイエット効果を含めた他の相乗効果が体感できるという点です。

まさか私が友人からのダイエットの話に乗って体調が良くなって、それが見事に体感出来るほどの健康を取り戻せるとは思ってもみませんでした。

また当時は体重の推移表を作るほどカロリー意識をしていましたが、心の底ではダイエットがうまくいくとは思ってなかったのでノート等で記録を取っていたデータをちゃんと保管してなくて今は後悔している程です。

ただ、やはり見た目は人から言われますし、当時62キロだった私が約3ヶ月で49キロに、小顔を含めて見た目が変わり、ピーマンお尻でひっかかっていたお肉がなくなって、ズボンの丈が4センチ長くなり、サイズも13号から9号になりました。

これらの体感から得たものが多いですし、今はこれを多くの方にお伝えしたい、そして私が可能な限りでお悩みの相談に乗りたいと思っています。(アドバイザーの資格も取得しました)

また空き時間がある時に、これらを含めてブログにいろいろ書き綴っていきますので、一人でも多くの方から読んで頂けると感謝します。

今日は時間なので、また続きを書いていきたいと思います。


 | HOME | 

プロフィール


原田 智代美

Author:原田 智代美
サプリメントアドバイザー
詳しくはコチラ


最新記事



メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:


FC2ブログランキング


励みになります

FC2Blog Ranking

ポチっとお願いします


最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク


このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。